2021年03月17日 ようこそ蔵へ

【蔵見学】谷岡亜紀様他ご来蔵!

皆さまこんにちは!

 

本日3月17日(水)に谷岡亜紀さんと、県・市・メディアの方総勢12名が蔵見学にいらっしゃいました。

 

谷岡亜紀さんについて
高知県高知市生まれ。高校卒業後、19歳で上京。1980年、「心の花」に入会し、佐佐木幸綱に師事。同門の俵万智や黒岩剛仁らと交友を持つ。早稲田大学第一文学部哲学科中退。1994年、歌集『臨界』で第38回現代歌人協会賞受賞。2006年刊行の歌集『闇市』で2007年に第5回前川佐美雄賞、第12回寺山修司短歌賞受賞。2018年刊の歌論『言葉の位相』で2019年に第17回日本歌人クラブ評論賞、第6回佐藤佐太郎短歌賞受賞。2020年『ひどいどしゃぶり』で第25回若山牧水賞を受賞。

 

谷岡亜紀さんは第25回若山牧水賞を受賞し、前日はあくがれ蒸留所の蔵人数名で授賞式に参加させていただきました。

 

本来、若山牧水賞授賞式は授賞式後に祝賀会が執り行われ、お酒を飲むのですが、今回はコロナウイルス感染拡大防止のため行われませんでした。行われなかったからというわけではありませんが、蔵見学の後、試飲していただきました。気に入っていただけたようで弊社杜氏もついついお酌が進んでしまいました。

 

谷岡先生ありがとうございました。

よく読まれている記事

page-top