フェイスブック
ツイッター
インスタグラム

五穀焼酎製造3日目 ~一次仕込み編~

おはようございます。 蔵人11号です。

ただいま、製造6日目。

 

遡って、製造の記録を記事にさせて頂きます。

 

しっかり育った黒麹。

塊をほぐしながら、一次仕込みの準備をします。

↓湯気ではありません。胞子が舞っています。

一次仕込みの特注甕壺には、

こだわりの酵母を入れた液が待っています。

一輪車に積んで、少量ずつ丁寧に甕壺へ注いでいきます。

ザザーッ。

ぷくぷく。

 

何度も何度も運び、1つの甕壺に200㎏もの

元気に育った黒麹が注がれていきます。

 

 

人の手で行う作業の為、

全員が手もマスクも真っ黒です。

黒麹の温度変化を感じながら、

菌糸の育成具合を掌で喜びながら、

水分値を指先で確かめながら、

従事するすべての職人が、神経を研ぎ澄ませます。

そして、この後、

いよいよ櫂入れが始まります。

まんべんなくかき混ぜるために、

杜氏が光の速さで動きます。(目視

現時点の液温、適温です。

 

温度が上がりすぎないよう、

冷却装置を設置します。

甕壺の底まで装置が届くよう、

体重をかけて設置します。

 グーッっといきます。

 

この後は、ホースを接続し、

一日に数回櫂入れしながら、

約7日間我が子のように大切に育てます。

 

次回へつづく。