製造工程

職人の手仕事、伝統の甕壺仕込み

四季折々の風土から得られる作物を原料に、職人の手仕事、伝統の甕壺仕込みで醸す。
伝統は革新の連続。今新たな革新をもたらす本格焼酎。

一洗米
原料になる「米や麦」を洗います。
二蒸米
蒸気で蒸します。
三棚盛り
麹づくり。
四もろみ
五発酵
六蒸留
もろみを蒸留することでアルコールを取り出すことができます。これが焼酎です。
七貯蔵
ゆっくりとタンクの中で貯蔵することでやわらかい味になります。
八瓶詰め
瓶詰めして全国のお客様へお送りします。
ページの先頭へ